ホーム > 乳がん検診、乳腺外来

乳がん検診、乳腺外来

乳腺科の診察内容

乳がん検診、乳腺外来 乳腺に関わることならどんなことでもご相談ください
「おっぱいが、なんか変だな」程度のことでも構いません。少しでも気になることがあれば診察にいらしてください。乳房が痛いなど、しこり以外の症状で診察を受けた際に乳がんが偶然発見されることもあります。特に最近、乳がん検診を受診していない方で、何か気になることがある場合は、受診をお勧めします。

また、異常を感じていなくても、乳がん検診は随時受け付けております。
万が一のときに早期発見・早期治療ができるよう、定期的に検診を受けることをおすすめします。
当院では、エコー検査マンモグラフィ検査、二種類の検診が可能で、その両方を行うことで、より精度の高い診療をすることができます。

乳がん手術後のフォローアップも行っており、他院で手術を受けた方でも受診していただけます。
傷のチェックはもちろん、定期的な検査を通じて、がんが再発していないかなどのチェックを行い、手術後も安心して暮らしていくためのお手伝いをさせていただきます。

また、授乳期の乳腺炎は婦人科で治療を受けられないこともあります。そういった場合も、当院の乳腺外科で対応いたします。

他院で乳がんと診断された場合のセカンドオピニオン(自費診療)に関するご相談もお受けします。
他院で乳がんと診断されたのだが、もう一度確認がしたい、主治医の先生から示された治療方針でいいのか不安、といった方のセカンドオピニオンも受け付けています。完全予約制のため、受診の際には必ずお電話ください。
なお、保険診療ではないためご了承ください。(予約制:1時間1万円~)
乳腺に関して、些細なことでもお悩みのことがあれば、お気軽にご来院、ご相談ください。

乳がん検診

二種類の検査 二種類の検査で確実にがんを見つけます
最近では啓発活動のおかげもあって、乳がん検診に対する意識も高まってきました。
それでも、しこりなど自覚症状がない段階で定期的に検診を受ける人がまだまだ少ないのも事実です。
異変に気付いてからの検査ももちろん無意味ではありませんが、できるだけ自覚できる異常がなくても検診を受けるようにしてください。
月並みではありますが、がん治療においては早期発見・早期治療がなにより大切です。

乳がん検診で使用されるマンモグラフィ装置を完備したクリニックは決して多くありません。
当院では、マンモグラフィ検査に加え、必要に応じてエコー検査(超音波検査)を行っています。エコー検査では、体にゼリーを塗りプローブと呼ばれる機械を当てて検査をします。

また、まれではありますが、男性にも乳がんが発症することがあります。
女性の病気である、という印象が強いだけに、男性の乳がんは発見が遅れてしまう場合があります。

男性であっても、おっぱいに気になることがあったり、異常を感じたら恥ずかしがる必要はありません。お気軽にご来院、ご相談ください。

横浜市マンモグラフィ併用乳がん検診にも対応しております。詳しくはこちら