ホーム > 脳神経内科

脳神経内科

脳神経内科について

脳神経内科 脳神経内科ってなにを診察する科?
脳神経内科は、あまり聞きなれない診療科かもしれません。
精神科と混同されることもありますが、心の病気を診療する精神科と違い、脳神経内科は脳やせき髄、筋肉の異常から起こる病気を治療するための診療科です。

具体的な疾患としては、認知症、脳卒中、パーキンソン病、末梢神経障害などの病気から、めまい・頭痛といった身近な症状までさまざまです。
もの忘れが気になる、めまいや頭痛がある、歩きにくい、手のふるえ、しびれを覚える、力がうまく入らないなどの症状が見られた時は、一度、脳神経内科を受診してみてはいかがでしょうか。

特に当院では、軽度の認知障害や認知症がある方に向けた「もの忘れ外来」と、頭痛やめまいを中心に診療する「頭痛・めまい外来」を専門外来として設置しております。
脳神経内科の診療時間であればいつでもお受けいただけますので、お気軽に受診してください。

また、パーキンソン病の患者さんや脳卒中の予防が必要な患者さん、後遺症を抱える患者さんも、受け入れております。

もの忘れ(認知症)外来

もの忘れ(認知症)外来 ご家族だけでも、相談だけでも大丈夫です
もの忘れでお悩みの方や、ご家族に心配な方がいらっしゃる場合は当院の脳神経内科にご来院ください。

ご家族同伴でも結構ですし、ご家族の方だけでご来院くださっても結構です。
認知症は、誰でも同じ症状や進み方をするわけではありません。それだけにご家族も不安を抱えることが多いと思います。
気になることがあればお気軽にご来院、ご相談ください。
治せるものかもしれません
実際の診療では、当院での診察、心理検査(問診)を行います。さらに必要に応じて、当院からご紹介する総合病院でのMRI検査、核医学検査などの画像検査を受けていただきます。(ただし、他院での検査は、受診して頂くだけで、検査結果は、当院でお伝えいたします。)
その検査結果を総合的に判断して、それぞれの患者さんに合った治療方針を立てていきます。

認知症の中には、正常圧水頭症慢性硬膜下血腫などが原因で起きていることもあります。この様な病気が原因であれば、手術などで治せる可能性があります。
また、完治が不可能な認知症であっても、薬物治療で症状の進行を遅らせることができるかもしれません。そういった面から見ても、気になることがあれば、早めの受診をおすすめします。
ご家族へのサポートも怠りません
患者さんのご家族は、日々の生活の中で不安や苦労を抱えることも多いかと思います。
当院の「もの忘れ外来」では、認知症による周辺症状や認知症患者さんへの対応の仕方など、ご家族の方へのサポートにも配慮しております。

頭痛・めまい外来

頭痛・めまい外来 脳神経内科かどうかにこだわる必要はありません
頭痛めまいといった身近な症状も、脳神経内科の領分である場合もあります。

当院の場合は内科も併設しておりますので、どちらの診療科なのか、ということは気にせず、「頭が痛いので来ました」、「めまいがするので来ました」という感じでご来院いただければ、適宜、診察いたします。
お薬と生活指導で頭痛やめまいから解放されましょう
脳神経内科で扱うべき頭痛・めまいと判断された場合は、診察を通じて神経学的所見を取り、必要に応じて当院がご紹介する総合病院にて画像検査や血液検査を受けていただきます。その結果を総合的に判断し、個々の患者さんに合った治療で、症状の改善を目指します。

また、治療は、薬物だけではなく、適切な睡眠や食事、アルコール摂取、運動を取り入れるなど、頭痛やめまいを遠ざけるために日々の生活を見直すことも重要ですので、そのためのアドバイスもいたします。

パーキンソン病、脳卒中

パーキンソン病、脳卒中 パーキンソン病も脳卒中の予防も当院で
パーキンソン病は、脳内のドーパミンという物質を出す細胞が減ってしまう、脳神経内科で扱う病気です。
難病というイメージがありますが、現在は薬物治療によって、大幅に症状を改善することができるようになってきています。そのため生命予後も改善し、病気のない人とあまり変わらなくなってきています。
また、パーキンソン病に対して手術療法を行うことがありますが、その時は必要に応じて、近隣の総合病院に当院から紹介することができます。

脳梗塞脳出血は命にかかわる病気ですが、その予防としては、まず血圧コントロールと血液の流れをよくすることが大事で、当院でも必要に応じて、診察、薬物治療、生活指導を行っています。